日經中文網
NIKKEI——日本經濟新聞中文版

  • 20xx 水曜日
  • 0708

  • 搜索
Home > 專欄/觀點 > 專欄 > 村上春樹成為耶魯大學名譽文學博士之際

老外漢學家的車轂轆話(3)「永遠的少年」村上春樹成為耶魯大學名譽文學博士之際

2016/07/15

PRINT


老外漢學家の繰り言(3)「永遠的少年」村上春樹がイエール大學名譽文學博士となる時
  
  藤井省三(東京大學教授)


  アメリカ・イエール大學が5月23日の卒業式で、村上春樹に名譽文學博士號を贈った。すでにプリンストン大學やハワイ大學が村上さんに名譽博士號を贈っているためか、このニュースは日本や中國のマスコミでは報じられていないようだ。

 この吉報を授賞式當日に私に知らせてくれたのは、孫康宜・イエール大學教授である。彼女は著名な古典中國文學者で、卒業式では前から二列目に座っておられたとのこと、壇上で會場の卒業生一同に向かい學位記を掲げる村上さんの姿を撮影して下さったのだ。

 黒い角帽に黒いガウン姿で和やかに微笑む村上さんを見て、恭喜!恭喜!(おめでとう)と心の內でお祝いしながら、ふと彼の足元を見ると、何とジーンズにスニーカーだった。そこで村上さんが二〇年以上も前のプリンストン大學滯在記『やがて哀しき外國語』で、「運動靴を履いて、月に一度美容室ではなく床屋に行って、いちいち言い訳しない。これが男の子のイメージである。」と書いていたことを思い出した。

 名譽博士號というのは碩學に贈られるもの、そして碩學というのは中高年の方が多い。村上さんは一九四九年生まれだから、今年で67歳になる。作家にとって60代と言えば名譽博士の適齢期なのだろうが、村上さんは、やっぱり男の子でいたい、という気持ちを抑えきれず、ガウンの下のスニーカーというちぐはぐな裝いとなったのだろう。天晴れ永遠の男の子!と思いながら、改めて授賞式の寫真を眺めると、村上さんの本に挿し絵を書いていた安西水丸さんの絵が思い出された──茶色の饅頭〔ルビ:マントウ〕に墨の眉と胡麻の目を付けた、ちびまる子ちゃんのボーイフレンドのような例の村上さんの似顔絵が。

 孫教授は卒業式パンフレットの見開き二頁分の寫真も送って下さった。そこには村上さんへの博士號授賞理由が書かれている──國語教師同士の両親の間に戦後ベビー・ブーム世代として生まれ神戸で育った幼少期から、早稲田大學文學部で學んでいる間に妻の陽子さんと知り合って結婚し、卒業後は夫婦でピーター・キャットというジャズ・バーを開いた青春時代まで。第一作『風の歌を聴け』で文蕓誌『群像』の新人賞を受賞してデビューし、『ノルウェイの森』でベストセラー作家となり、その後も『海辺のカフカ』や『1Q84』を書き続けている作家歴。レイモンド・カーヴァーやフィッツジェラルド、ティム・オブライエンらの作品を訳しており、アメリカ文學の翻訳家でもあること等點。そして最後は週刊誌『TIME』が昨年の「世界で最も影響力のある100人」の一人に村上さんを選んでいる、と結ばれていた。

 一頁半という限りある紙幅で、要點を押さえて書かれたこの村上評は、このまま文學事典に転載できそうな文章だ。イエール大學東アジア文學部は日本文學の優秀な専門家も擁しており、その內のお一人が書いたのだろう。

 しかしこの紹介に対し、私のような老老外漢學家(老人外人中國文學者)は不満である。村上春樹は中國語圏や韓國、ベトナムなどの東アジアでも大人気の作家であり、中國大陸の読者だけでも歐米の読者を數において淩駕しているのではあるまいか。私も『村上春樹心底的中國』(台北・時報出版、日本語版原題:村上春樹のなかの中國)で、1980年代末に台灣で始まった村上ブームが、香港、上海、北京と東アジアを右回りに伝播した「時計回りの法則」、村上文學受容は高度經濟成長が一段落した時に生じる「經濟成長踴り場の法則」、さらには歐米では『羊をめぐる冒険』が好まれるのとは逆に、中國語圏では『ノルウェイの森』が好まれるという「羊高森低の法則」等という四大法則も指摘した。衛慧(ウェイ・ホイ、えいけい、1973~)、慶山(舊名:安妮寶貝、Annie Baby、1974-)、田原(ティエン・ユアン、でんげん、1985~)等村上チルドレンたちの中國での活躍ぶりも描いた。

 孫教授のお招きを受けて、イエール大學で魯迅・村上・王家衛(ウォン・カーウァイ)という東アジアの文學・映畫における「阿Q」像の係譜に関する講演をしたこともあり、彼女はこのことを覚えていて今回も授賞式の寫真を送って下さったのだろう。

 二〇世紀末の十年あまりは、中國では『ノルウェイの森』や『ダンス・ダンス・ダンス』に數種類もの翻訳が刊行されたものだったが、中國のWTO加盟後の二一世紀には版権制度が確立したため、上海訳文出版社による林少華・中國海洋大學教授の訳に一本化されたものの、二〇〇九年に『1Q84』が刊行されると、中國では大手一〇社が名乗りを上げて版権爭奪戦を行い、最終的に出版販売企畫會社の新経典文化有限公司が一〇〇萬US$で版権を取得、施小煒・上海杉達學園大學教授が同書を翻訳している。続けて『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡禮の年』も新経典による版権取得、施教授による翻訳となった。中國語訳の版元や訳者の交替により、中國における村上受容がどのように変わるのか、という點も興味深い。

 先ほど村上さんを「永遠の男の子」と稱したが、台北の批評家の楊照氏に『永遠的少年』という評論書がある。但しこれは『海辺のカフカ』論であるが。

 ところでイエール大學のパンフレットは、「his passion for long-distance running"を描いた回顧録として、村上さんの『走ることについて語るときに僕の語ること』にも觸れていた。我らが「永遠的少年」は卒業式が終わると、ドジな新聞記者のクラーク・ケント君がスーツを脫ぎ捨ててスーパー・マンに変身するように、角帽とガウンを脫ぐや、ジーンズのままNew Havenの街をさっそうとジョギングしたのかもしれない。私も「老老外」とはいえ、彼より三歳年少なのだから、長距離走とは言わずとも、一日萬歩くらいは心がけたいものである。

著者略歴
1952年生まれ。1982年東京大學大學院人文係研究科博士課程修了、1991年文學博士。1985年桜美林大學文學部助教授、1988年東京大學文學部助教授、1994年同教授、2005~14年日本學術會議會員に就任。専攻は現代中國語圏の文學と映畫。主な著書に『中國語圏文學史』、『魯迅と日本文學──漱石・鷗外から清張・春樹まで』、『村上春樹のなかの中國』、『中國映畫 百年を描く、百年を読む』など。


本文は著者個人の見解であり、日本經濟新聞社の見解を代表するものではありません。

版權聲明:日本經濟新聞社版權所有,未經授權不得轉載或部分複製,違者必究。

二維碼

日經中文網
公眾平臺上線!
請掃描二維碼,馬上關注!

金融市場

日經225指數28064.06616.0505/1413:35
日經亞洲3001761.3017.6305/1413:35
美元/日元109.55-0.1105/1413:30
美元/人民元6.4436-0.007405/1405:28
道瓊斯指數34021.45433.7905/13close
富時1006963.330-41.30005/13close
上海綜合3471.169241.633105/1411:30
恒生指數27981.51262.8405/1412:05
紐約黃金1823.81.205/13close

關於日經指數