日經中文網
NIKKEI——日本經濟新聞中文版

  • 20xx 水曜日
  • 0708

  • 搜索
Home > 專欄/觀點 > 專欄 > 在東京池袋與余華同賞戲劇《兄弟》

在東京池袋與余華同賞戲劇《兄弟》

2016/04/21

PRINT


東京•池袋で余華さんと演劇『兄弟』を見て

  藤井省三(東京大學教授)

 日本には現代中國の文蕓作品を演劇として上演するという伝統がある。胡適(フー•シー、こてき、1891-1962)の喜劇「終身大事」が橫浜高等商業學校(現在の橫浜國立大學)で上演されたのは90年ほど前の1927年のこと、同校で中國語を教えていた武田武雄助教授は、新月派の女性作家淩叔華(リン•シューホワ、りょうしゅくか、1904~90)にファンレターを送ったり、巴金(パーチン、はきん又はぱきん、1904~2005)を自宅でホームステイ客としてお迎えしてもいる。

 魯迅の作品は特に多く上演されており、私が最初に見たのは40年以上も前の學部生時代のことで、日本人の戯曲家が改編した「阿Q正伝」を、日本人の俳優が、もちろん日本語で演じていた。趙家の「下女」の呉媽が阿Qに好意的で、孔乙己が革命の大義を説くので、驚いた記憶がある。1970年代初頭の日本の演劇人は、革命意識に目覚めた阿Qや彼と団結するインテリや労働人民を描きたかったのだろう。〔私のような「老外」(外人さん)が、現代中國小説の日本人による改編・上演に関心を抱くようになったのは、この頃からであったろうか。〕

 そのようなわけで、東京の劇団東演が『兄弟』を上演、初日には原作者の余華さん(ユイ•ホワ、よか、1960~)も舞臺挨拶すると聞いた時には、これは見逃せないと思った。中國語の小説が泉京鹿さんにより日本語訳され、それを戯曲家が腳本に改め、それを演出家と俳優たちが舞臺化する──この三重四重の改編により名作『兄弟』が東京でどのように生まれ変わるのか。しかも劇場「あうるすぽっと」がある池袋は、東京の準チャイナタウンとも言えるほど多くの中國人が集まっており、日本語版『兄弟』を見に來る中國人も少なくないだろう。〔かくして「老外漢學家」(老人外人中國文學者)も好奇心に駆られて、出かけることにした。〕

 読者の皆様はこの10年前のベストセラーをお読みになっているだろうが、念のためあらすじを紹介しておこう。日本語訳が出た時に、私は『日本經濟新聞』に書評を書いているので、それを引用したい。

 文化大革命(一九六六~七六)から現在まで、上海から一〇〇キロほど離れた小都市を舞臺に、対照的な二人の兄弟を描く長編小説である。上巻では夫を不名譽な事故で亡くした李蘭と、妻に先立たれた宋凡平とが再婚して幸せな一家となり、主人公の李光頭は七歳の時に一つ年上の宋鋼と義兄弟となる。だが文革が勃発し、博識のスポーツマンで街の人気者だった宋は殘酷な赤色テロにより虐殺され、李蘭は舊地主の息子の妻としてリンチに會う。やさしいが內気だった母が、いくら毆られても夫への愛を貫き通し、幼い兄弟があらゆるイジメにも屈することなく、助け合う姿には思わず落涙した。

 実は上巻第一章で、李光頭が生まれる日に父が公衆便所で女性の尻を覗き見して肥溜めで溺死し、一四年後に李も街一番の美女林紅の尻を覗き見して逮捕されるものの、目撃談を売り物にのし上がっていくようすが、予告的に描かれている。そして下巻は中國が文革から改革開放經濟體制へと転じる中、李が小都市での廃品回収から始めて、日本での古著スーツ買い出し事業で大成功、さらに「全國処女膜オリンピックコンテスト」を開催するなど、金銭欲と性慾を全開させていく。

 いっぽう正直で溫厚な宋鋼は弟を裏切って林紅と結ばれるが、やがて勤務先の國有企業をリストラされ、豊胸クリームを売る詐欺師の仲間となり、路上宣伝用に豊胸手術を受けて沒落していく。本書は上巻では悲劇のホームドラマにより、下巻ではグロテスクな喜劇により、現代中國四〇餘年の暗黒部を暴いている。作者の余華は「新富人」とリストラ失業者という両極の階層を、秘かに深い同情と共感を抱きながら、ペーソスたっぷりに描きだしたのだ。

 下巻一八章で自稱作家の劉が「李光頭は魯迅先生の描いたある人物になった」と指摘するが、劉が思い出せないその名前とは「阿Q」である。清朝から中華民國への転換期に、魯迅が「阿Q正伝」により中國人の國民性を批判したように、余華もまた大変革期の人民共和國において、堂點たる國民性批判の文學を成就したといえよう。(2008年8月3日朝刊)

 『兄弟』日本語訳は上下二巻で全九〇〇頁ほど、これを二時間半のお芝居にどうやって縮めるのか、兄弟二人が幼少期から中年まで成長していく四〇年の過程を、何人の俳優で演じるのか、そもそも毛沢東時代から鄧小平時代、そして市場經濟化の現代へと激変していく中國社會をどのように日本人に説明するのか・・・・開幕前の私の頭の中は疑問符で溢れていた。

 ところが客席の通路をのっぽと中背の二人の男性がブラブラ歩いて舞臺に登ると、攜帯は切ってね等點注意するうちに、僕は劉作家、僕は趙詩人と名乗りをあげる──『兄弟』上巻ではイジメ役、下巻では李光頭の御用文人となる二人は、舞臺では進行役も兼ねているのだ。やがて飛び出してくるのは半ズボン姿の兄弟で、この二人の男優さんが幼少期から中年──すなわち彼らの実年令「アラフォー」──までを演じていく。子役を使わぬまさに體當たりの演技が、兄弟の時を経ても変わらぬ性格を良く表現していた。背もたれのない長椅子と長テーブルを京劇の如く巧みに使い回し、例の覗き見場面と貞淑だった林紅が李との情慾に溺れていく場面とを意表を突く演出で見せてもいた。

 長篇小説の要所要所を押さえたスーパー•ダイジェスト劇でありながら、政治と經濟との二つの激流により引き裂かれる親子兄弟夫婦の喜怒哀楽をたっぷり描き出している。臺詞で語られる食費や月給の激変は、社會の急変を端的に示している。原作者の余華さんも、お見事、と頻りに感心していた。幸い『兄弟』日本語訳は文庫版が出ていて手に取りやすい。小説と演劇の『兄弟』は、日本人にとって現代中國を知るための良い手掛かりであろう。但し日本での再演と中國での上演は未定とのことである。

 ところで『兄弟』と同年の日本映畫『ALWAYS 三丁目の夕日』は、一九五〇年代の東京の下町を描いており、溫家寶•前首相もご覧になったという。中國人は日本社會の変化をどのように見ているのだろうか?「老外漢學家」の興味は盡きない。

著者略歴
1952年生まれ。1982年東京大學大學院人文係研究科博士課程修了、1991年文學博士。1985年桜美林大學文學部助教授、1988年東京大學文學部助教授、1994年同教授、2005~14年日本學術會議會員に就任。専攻は現代中國語圏の文學と映畫。主な著書に『中國語圏文學史』、『魯迅と日本文學──漱石・鷗外から清張・春樹まで』、『村上春樹のなかの中國』、『中國映畫 百年を描く、百年を読む』など。

本文は著者個人の見解であり、日経中文網の見解を代表するものではありません。

版權聲明:日本經濟新聞社版權所有,未經授權不得轉載或部分複製,違者必究。

報導評論

非常具有可參考性
 
107
具有一般參考性
 
0
不具有參考價值
 
0
投票總數: 107

二維碼

日經中文網
公眾平臺上線!
請掃描二維碼,馬上關注!

金融市場

日經225指數28084.47636.4605/14close
日經亞洲3001762.7019.0305/14close
美元/日元109.35-0.3105/1505:47
美元/人民元6.4361-0.014905/1419:51
道瓊斯指數34382.13360.6805/14close
富時1007043.61080.28005/14close
上海綜合3490.376260.840105/14close
恒生指數28027.57308.9005/14close
紐約黃金1837.914.105/14close

關於日經指數